AviUtlで点線を引く、線を描画

2019年3月19日

今回は、93さんの「線を描画」を使って点線を動かしてみたいと思います。
導入は93さんのtwitterプロフィール欄のurlからどうぞ。

93さんのtwitter

円に線を描画をかける

円に描画をかけます。
アンカーを繋ぐように線が描画されます。

進捗を移動させることで線を引いたり、引いた線を消したりできます。

進捗の移動と線を引く動きが一致しないときは、アンカーの順番が左右逆になっていると思われます。

補間方法を変えることで、線を直線にしたり曲線にしたりできます。

アンカー数は増やすことができます。
アンカー追加は描画の上にかけます。

パラメータ設定

パラメータ設定を見ていきます。

posは、アンカーの座標です。
座標のリンクを利用することで、アンカーを動かすことができます。

Layer位置追加にチェックを入れてLayer番号を指定すると、指定したレイヤーのオブジェクトがある座標をアンカーとして追加できます。
参考までに。

描画間隔を大きく取ると、等間隔の点線にすることができます。

円のサイズを小さくして線を引くときは、描画間隔も小さく設定すると綺麗な線が引けます。

破線パターンです。
1と0で破線を作ることができます。
デフォルトの値に続いて、0をカンマで区切りながら追加してみてください。
線が段々と破線になっていきます。

1と0でパターンを作るといろんな破線を作ることができます。
点線や破線は本体のoffsetをいじると線の位置をずらすことができます。

テキストを表示

描画に追加でテキストを表示をかけると、描画で作った線の軌道上にテキストを表示させることができます。

描画の間隔を大きめに取り、「テキストを表示」の文字サイズを大きくすると見やすくなります。

やりたい演出によって、「線を描画」とTA-Align to Bezierを使い分けるのもいいと思います。

使用例

アンカー固定、進捗を移動させて破線を引いてみました。
ちなみに2Dです。
前後関係は切り抜きなどを駆使して工夫します。

アンカー追加をかけてテキストをなぞります。
刺繍っぽくしました。
時間制御を使って3コマ落ちです。

いかがだったでしょうか。
線を描画、是非試してみてください。

スポンサーリンク