アルファチャンネルを活用した動画編集

2019年5月9日

今回は、アルファチャンネルについて紹介します。
アルファチャンネルは透明度(不透明度)で、アルファ付きのpngやaviといえば、透明度が付いた画像や動画という意味です。

切り抜き

MADを作っていて、アルファチャンネルといえばまず切り抜きではないでしょうか。
背景透過素材として頻繁に扱います。

切り抜きは主にgimpやpsなどの画像編集ソフトで行います。

アルファチャンネルが付いているので、背景が透過し、後ろに図形やテキストなどを置くことができます。

Scene

AviUtlにはSceneにアルファチャンネルがあります。
そのままでは背景は黒いままですが、シーンの設定で[アルファチャンネルあり]にチェックを入れると、何も置いていない背景部分は透過されます。

例えば、こんな動きをSceneで作ります。

Rootで呼び出すと、真っ黒だった背景がちゃんと透過されています。

Sceneでは黒い部分が透過されるわけではありません。
黒いオブジェクトを置けば、Scene内では見えなくても、Rootに呼び出したときには黒いオブジェクトとしてちゃんと存在します。

画面を三分割して透明度で登場。
青い部分を画像と差し替えて使うシーンチェンジです。

Sceneのアルファチャンネルを利用することで、演出の幅も広がります。

PNG出力

ちょっと画像を加工したいなと思って、いろいろエフェクトをかけたら重くなってしまった。
そんなときには、ゆうさんのPNG出力です。

PNG出力には、[現在フレームの画像をアルファPNGで出力]というボタンがあります。
エフェクトをかけた画像も、アルファPNGで一枚の画像にしてしまえば驚くほど軽くなります。

RGBA出力

グローやブラー、カスタムフレアなど、どう頑張っても重くなってしまうエフェクトをかけたシーンは、一度書き出すのもひとつの方法です。

RGBAのaviファイルとして書き出せば、重かったシーンも軽くなります。

ビデオ圧縮から圧縮プログラムを選択します。
Ut Video Codec Suiteをインストールしてあれば、UtVideo RGBA VCMで出力します。
無ければRGBA(32bit)で出力します。

RGBA出力では音声は出力されません。

書き出したaviファイルは、[アルファチャンネルを読み込む]にチェックを入れることで透過されます。

クロマキー

背景が単色の画像や動画は、クロマキーを使うことで背景を透過させることができます。

[キー色の取得]を押して、透過させたい色をクリックします。
ここでは背景の赤をクリックしました。

クロマキーの注意点として、キー色に近い色も透過されることがあります。

背景の白だけを抜きたいと思ってクロマキーを使ったら、服やハイライトも一緒に透過されてしまうなんてことも。

ブルーバックの動画素材などを扱う場合や、綺麗に背景一色で他に色が被らないなど使い道が限定されますが、ワンクリックで透過できます。

いかがだったでしょうか。
透過素材を上手く扱えるようになると、編集の幅も広がります。
場面に合った方法でアルファチャンネルをつけてみてください。