AviUtl、グラデーションを使った雰囲気作り

2018年12月9日

今回は、グラデーションを使った雰囲気作りについて紹介したいと思います。

背景にグラデーション

背景にグラデーションをかけました。
形状を円にして幅を広げます。
トラックバーでは1000までしか行きませんが、数値をドラッグするか直接入力でそれ以上の値を設定することができます。

中央の白が目立つと感じたら、開始色を少しグレーよりにしてみてください。
最後に強さで調整します。

カメラ制御と併せて使うと立体感が出ていいと思います。

画像にグラデーション

元画像です。
これにグラデーションをかけます。

背景にかけたときと同じ要領で形状を円にして幅を広げます。
通常のままだと背景と同じになりますが、合成モードを陰影にします。

四隅が少し暗くなった感じになります。

テキストにグラデーション

テキストの加工は重くなりがちであまりお勧めできませんが、グラデーションをかけることで光沢を出すことができます。

凸エッジも併せてかけました。

開始色と終了色

開始色と終了色を指定することで、オシャレなグラデーションを作ることができます。

背景のほか、ボタンを作るときなどにも応用できます。

「グラデーション」や「gradient」などのキーワードで画像検索すると、参考になるものがたくさん出てくると思います。

いかがだったでしょうか。
グラデーションを使った雰囲気づくり、是非試してみてください。

スポンサーリンク