カメラのピント合わせに欠かせない、偽被写界深度2

2019年1月22日

今回は、93さんの偽被写界深度2を紹介したいと思います。

偽被写界深度2は、93さんのold_script_etc.zipに含まれています。
93さんのtwitterのプロフィール欄にあるurlからダウンロード、導入してください。

グループ制御にかける

カメラ制御下で、テキストオブジェクトのZ値を-500、0、500、1000とずらして並べました。
カメラ制御の下にグループ制御を置き、これに偽被写界深度2をかけていきます。

焦点距離は、ピントが合う位置を決めます。
焦点範囲は、ぼかしが効く範囲を調節します。
Blurは、ぼかしの強さです。

焦点距離の移動

焦点距離を-500と設定すると、Z値-500に置いたオブジェクトに焦点が当たります。

焦点距離を移動させて、各オブジェクトに焦点を当てました。

カメラ制御Z座標の移動

先ほどは焦点距離を移動させましたが、今度はカメラ制御を動かしてみます。
焦点距離を0と固定して、カメラ制御のZ値を移動させます。
向かってくるオブジェクトが、Z値0を通過するときにピントが合うようになります。

パラメータ設定

フェードにチェックを入れると、ほかしがBlurと同じ値になる位置で透明になるようです。

フェード%を小さな値にすると、短い距離で透明になります。
大きな値に設定すると、オブジェクトは長い距離を透明にならずにいます。

色(近)は、焦点より手前のオブジェクトの色を指定します。
色(遠)は、焦点より奥のオブジェクトの色を指定します。

焦点距離から離れるほど濃い色になります。

使用例

写真のスライドショーです。
真ん中の写真に焦点を当てるだけで、周辺にぼかしがかかるのでとても便利です。

いかがだったでしょうか。
ひとつひとつのオブジェクトにぼかしをかけずに済むので、効率よく作業ができ、うまく遠近感が出せるようになりました。
偽被写界深度2、是非試してみてください。

93さんのtwitter