ライン*(R)を使ったフィルム演出

2019年2月20日

今回は、rikkyさんのライン*(R)を使ったフィルム演出を紹介します。

[Aviutl]ライン*(R)スクリプト (リボンスクリプト)

フィルム素材にライン*(R)

フィルム素材にライン*(R)をかけます。
ライン*(R)はカメラ制御下で使用するので、カメラ制御の対象にするのをお忘れなく。

軌跡ラインをかけます。
オブジェクトイメージにチェックを入れると画像のようになります。

この軌跡ラインは常に一番下にくることを覚えておいてください。

続けてアンカー化をかけると、画面にアンカーが現れます。
アンカー数を増やすと動かせるアンカーが増えます。

設定から座標を入力することもできます。

10個以上増やしたい場合は、さらにアンカー化をかけてください。

両端に画像の切れ端が出ています。
気になる場合は、軌跡ラインの設定から始端と終端を0にしてください。

アンカーの位置を決めたら、フィルムを展開してみます。
後展開度を0から100にするとフィルムが出現します。

反対に、前展開度を0から100にするとフィルムが消えていきます。
これが今回のフィルムの基本的な作り方です。

連番の画像を表示する

連番画像を使用する場合はパターン化をかけます。
パターン化をかける場合はオブジェクトは素材でなくても、円(図形)でもなんでもOKです。

ここでは円に軌跡ライン、アンカー化、パターン化をかけました。

軌跡ラインの設定から、先端図形に「image」と入力します。
オブジェクトイメージにチェックをします。
サイズでオブジェクトの大きさを調節できます。

パターン化の設定から【$画像フォルダ】のボタンを押すと、フォルダ選択ウィンドウが開きます。
連番画像を入れてあるフォルダを指定してください。


フォルダ選択でつまずく場合は、

①rikky_moduleが最新であること
②適切な位置にあるか

確認してみてください。

それでもボタンが出てこない場合は、円(図形)を出すところからやり直してみたり、AviUtlを再起動させてみてください。

サンプル。

ずらし

枚数で表示させる画像の数を調節します。
ずらし量を移動させると、オブジェクトの位置はそのままに、画像だけが移動します。

縦並べ

フィルム素材を縦向きに並べてみます。

軌跡ラインの設定から向きを1にすると縦に並びます。

横向きの場合もそうなのですが、素材の領域には要注意です。
上の画像のように画面サイズいっぱいだと余計な空間ができてしまい上手くいきません。

下画像のように、オブジェクトサイズの領域になるようにしてください。

あとは、縦向きの場合は素材のサイズを4:3くらいのあまり横幅を長くしすぎないようにしてみました。

おまけ

アンカーの配置が上手くいかないよ!という方へ。
原因はY値とZ値によるゆがみです。

3次元の空間を手動で動かすのは大変です。

ここはひとつ、数値で入力してみましょう。

{-900,0,0,0,0,0,900,0,0}

posにコピペしてみてください。
とりあえず一直線になるはずです。

括弧の中は、
{左端のX,Y,Z,中央のX,Y,Z,右端のX,Y,Z}
となっています。

YとZはきれいに揃っていますね。

この状態から、中央のZ値を300にしてみてください。

中央がへこんでいますね。
中央のZ値を-300にすれば、反対にカメラに向かって膨らんできます。

{-900,0,0,-300,0,300,300,0,-300,900,0,0}

アンカーを4つにしてうねうねさせたもの。
慣れないうちは、まず一直線にしてからZ値を動かします。
Y値は動かしません。

レイアウトはカメラ制御の傾きや目標中心回転、オブジェクトのXYZで調節しましょう。

使用例。

いかがだったでしょうか。
画像だけでなく動画も並べることができたりと、ライン*(R)は強力な分、扱いがちょっと大変です。
簡単なところから始めて徐々に覚えていくといいかなと思います。

[Aviutl]ライン*(R)スクリプト (リボンスクリプト)