AviUtlで作る、逆光の表現

2019年1月31日

今回は、切り抜き画像を使って逆光を表現してみたいと思います。

後ろからの光を作る

元画像です。

元画像をコピペして、単色化をかけます。
色は白に近い薄い色が適しています。
橙や青なのお好みで設定してください。

基本効果の反転をかけます。
透明度反転にチェックを入れると切り抜きと背景が入れ替わります。

さらにぼかしをかけます。
サイズ固定にチェックを入れて範囲を50程度にしました。

元画像とあわせるとこのようになります。
境界がぼけて、元画像に少しかかるかなくらいがちょうどいいと思います。

白背景を置いて、逆光となるオブジェクトの合成モードをスクリーンにすると、境界がほんのり光ります。
ちょっとした光の演出ならこれだけでも十分使えると思います。

光を足す

逆光オブジェクトをCtrl+Dで複製します。
ぼかしの範囲を大きくします。
合成モードを加算にすると、強く光るので透明度で調節します。

加算だと強すぎるかなと思えばスクリーンにしてみたり、色を暗くしてみたり、いろいろ試してみてください。

逆光オブジェクトは重ねるほど明るくなるので、好みの明るさに調節してください。

仕上げ

元画像にグラデーションをかけます。
下から上に向かって明るくなるようにしました。

合成モードを陰影にして、強さで調節します。

後ろの光を作った後は、レンズに映る手前の光を足すとより効果的です。
93さんのカスタムフレアプリセット、Flarename=”Antique Digital”です。

カスタムフレアの合成モードを加算にし、透明度を調節します。
すべての要素をなじませるため、青い背景をスクリーンで一枚挟みます。

最後に元画像に色調補正をかけ明るさを下げて完成です。

いかがだったでしょうか。
慣れないうちは手順が多く敬遠されるかもしれませんが、静止画MADなどでは有効な演出のひとつだと思います。
機会があれば是非試してみてください。

スポンサーリンク