AviUtlでmp4ファイルに出力する

2019年7月30日

前回に続き、今回はAviUtlで編集した動画をmp4ファイルで出力する方法を紹介します。

前回:AviUtlでmp4ファイルを読み込む

出力プラグイン情報の確認

まずは、出力プラグイン情報を確認します。
[その他]から出力プラグイン情報を見ると、デフォルトではaviファイル出力用のプラグインはありますが、mp4用のプラグインはありません。

x264guiEXを導入する

rigayaさんのページ右サイドバーに、AviUtlプラグインとしてx264guiExがあります。これをダウンロードしましょう。

rigayaの日記兼メモ帳

最新バージョンをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、setupファイルを見つけることができます。auo_setup.exeをダブルクリックするとセットアップが始まります。

AviUtl.exeがあるフォルダを指定して[次へ]を押すとインストールが始まるので、しばし待ちます。

AviUtlのフォルダを見てみると、x264guiEx用のファイルがいくつか増えているのがわかります。

AviUtlを再起動し、出力プラグイン情報を見てみます。mp4出力用のプラグイン、拡張x264guiExが導入されているのを確認します。
これで導入は完了です。

x264guiEXの設定

x264guiExの導入が終わったら、mp4出力する際の設定を行います。
[設定]→[圧縮の設定]→[プラグイン出力の設定]から、拡張x264出力(GUI)Exを選択して設定を押します。

ここでは、黄色いマーカーを付けた部分が空欄になっていないか確認します。
ここが空欄になっていたり、間違ったパスが指定されているとエラーが起きます。

ちなみに、ここで指定されているファイルは、x264guiExを導入した際に作成されたexe_filesというフォルダで確認できます。

もし先ほどのマーカーの欄が空欄になっていた場合は、ここにある対応するプログラムファイルを指定してください。

肝腎の出力設定です。
「自動マルチパス」にして目標映像ビットレートを3000に。私が普段使っている設定です。参考までに。

目標映像ビットレートは大きくするほど高品質ということになりますが、素材となる元動画より画質が良くなることはないので、上げ過ぎには注意です。

出力範囲

設定が終わり、編集をします。AviUtlでは、タイムライン上部で出力範囲を限定して出力することができます。

開始フレーム上で「[」キーを押し、終了フレームで「]」キーを押します。選択された出力範囲は薄い青色で表示されます。

Ctrl+Aで全フレームを選択、つまり指定した出力範囲を解除することができます。

出力失敗あるあるです。
編集の終わりと動画の終わりが一致していないと、動画が終わった後に延々と真っ黒な画面が流れます。

画像のように編集の終わりと動画の終わりに空白部分があるためです。

編集が終わって動画を出力する際は、拡張編集上で右クリック、[範囲設定]→[最後のオブジェクト位置を最終フレーム]をクリックします。

編集と動画の終わりを一致させてから書き出しましょう。

出力設定

編集が終わっていざ書き出しとなったら、[設定]→[プラグイン出力]→拡張x264出力(GUI)Exをクリックします。
確認する部分は、ファイル名、音声無しのチェックボックス、ビデオ圧縮です。

音声無しにチェックが入っていると、せっかく編集した動画が無音になります。
素材の書き出しなど、音声が不要の時にチェックします。

ビデオ圧縮を押すと、前に設定したx264guiExの設定ウィンドウが開きます。
ちょっとビットレート落としたいな、なんてときに個別に設定できます。

最後に、今回紹介した設定で出力すると画像のような黄色い文字で警告メッセージが出ることがあります。
これは、設定した目標映像ビットレートが3000kbpsと高いのに対し、編集した動画がそんなにビットレート高くなくていいじゃろ状態であると言っています。
296.22kbpsで十分だと。

期待値の300kbpsで出力すると画像が荒くなるので、多少上目に設定してもいいかなと思います。容量とのバランスでお好みのビットレートを設定してください。

いかがだったでしょうか。
前回も言いましたが、mp4は扱いやすいフォーマットなので、mp4を使って編集する機会がよくあります。是非mp4出力の設定をしてみてください。