AviUtl、円を描くシーンチェンジ

2020年10月2日

今回は、Legendさんのrounded_circleを使って円を描くシーンチェンジを紹介したいと思います。

rounded_circleの基本的な使い方や導入は過去記事を参考にしてください。
AviUtlで円を描く、rounded_circle

完成形

円を描くモーションを使ってシーンチェンジをする例です。

rounded_circleはカスタムオブジェクト

まず、編集はSceneで行います。アルファチャンネルありにチェックを入れておいてください。

カスタムオブジェクトからrounded_circleを出します。サイズや幅はお好みで。幅が小さすぎると必要になるオブジェクト数が増えてしまうので要注意です。

中心基準に関しては、-100で時計回りになります。100とすると反時計回りになります。

中心角を0から360へ移動させることでぐるっと円を描きます。

円を描く動きに緩急をつけたい場合は、中心角の移動にイージング移動を選択します。
AviUtlで必須のスクリプト、イージング(トラックバー版)

続いて、オブジェクトを複製してサイズを大きくします。隙間ができないように調節してください。

最終的にRootで単色化をかけたりするので、色は何色でも構いません。見やすい色でやってみてください。

幅の数値*2の分だけサイズに足していくとぴったりかも。
ひとつ目のサイズ252+幅200*2=652、その次は652+幅200*2=1052・・・と。

オブジェクトを複製して三つ目、四つ目と画面を埋めていきます。

四隅は隙間ができやすいので、サイズや幅を調節して隙間ができないようにします。一番外側は画面から見切れることが多いので、少しくらいサイズや幅が他と違っても気になりません。

このようにrounded_circleで画面を埋めていきます。

パターン

全てのオブジェクトが同時に円を描く基本の形です。

オブジェクトを数フレームずつずらして配置することで、時間差をつけることができます。

先に動き始めたオブジェクトは最後のオブジェクトが動き終わるまで待っていなくてはならないので、中間点を打って停止している区間があります。

回転をいじって開始位置をばらばらにするパターン。中心基準ではなく、回転で設定します。

それぞれのパターンはこんな感じになります。時間差と位置ずれの組み合わせもありますね。

応用

応用として、回転、サイズ、幅を移動させるとよりスムーズな動きに見えます。

設定は中心角以外の静止した基本形を決めてから開始の数値をいじるとわかりやすいと思います。

タイムラインは時間差のときと同じですね。

こんな感じ。

Sceneで編集してアルファチャンネルありにチェックを入れているので、Rootで呼び出してシーンチェンジとして使うことができます。

先行するオブジェクト(Scene5)に単色化をかけておくと、そのまま次のシーンではなくワンクッション置けていいかなと思います。

時間差をつけてシーン(Scene6)を配置し、次に出したい画像や動画を”上のオブジェクトでクリッピング”するとシーンチェンジの出来上がりです。

いかがだったでしょうか。
扇クリッピングとはまた違った柔らかい感じのシーンチェンジですね。rounded_circleを使ったシーンチェンジ、機会があれば是非試してみてください。

AviUtl、線を引くモーションでシーンチェンジ
今回は線を引く動きを利用したシーンチェンジを紹介したいと思います。AviUtlで線を引く方法はいくつもありますが、今回は93さんの線を描画というスクリプトと、さ…
seguimiii.com