AviUtl、図形の角を丸める角丸正多角形

今回は、gomethさんの角丸正多角形を紹介したいと思います。
AviUtlスクリプト「角丸正多角形」.mp10

角丸正多角形(カスタムオブジェクト)

角丸正多角形はカスタムオブジェクトです。拡張編集上を右クリックして、メディアオブジェクトの追加からカスタムオブジェクトを出し、角丸正多角形を選択します。

メインの設定項目は丸みと星形歪みですね。

設定

丸みの値を移動させることで多角形の角を丸くします。0で多角形、100で円の状態になります。

星形歪みの値を移動させると多角形を星形にかたちどります。

パラメータ設定の頂点数で多角形のかたちを決めます。3以上の数値を入力します。

丸みを扱うなら頂点を8までくらいにするといいと思います。頂点数が多くなると元が円に近くなり、変化が小さくなってしまい効果的ではありません。

多めの頂点数は星形歪みを扱うならトゲトゲしくなって効果的だと思います。

角が丸まった図形はやわらかく可愛らしいイメージにぴったりです。あとはライン幅を調節すれば線としても活用できます。

使用例

シェイプの変化として多角形が円に滑らかに変化するのはやりたかったモーションのひとつです。

小さな角丸の星を作って背景にしてみました。さつきさんの画像ループ2を使用しています。

いかがだったでしょうか。
gomethさんの角丸正多角形、機会があれば是非試してみてください。

この記事をシェアする/

関連記事