AviUtlで作る3Dオブジェクト、立体化(R)

2019年7月15日

今回は、rikkyさんの立体化(R)を紹介したいと思います。
立体化(R)は、平面オブジェクトを3D化してくれるスクリプトです。

[Aviutl]立体化(R)スクリプト

立体化(R)をかける

立体化(R)は、カメラ制御下で使用します。
カメラ制御を出して、その下にオブジェクトを置きます。オブジェクトをカメラ制御の対象にすることをお忘れなく。

サイズ350の円(図形)に立体化(R)をかけました。

わかりやすくするために、カメラ制御に目標中心回転をかけ、ちょっと角度をつけます。さらにシャドーをかけるとよりわかりやすくなると思います。

扱う設定はほぼ[厚み]のみです。なんか透けてるなと思ったら、[アルファ閾値]を上げます。

あとはカメラ制御の目標中心回転か、オブジェクトを拡張描画にしてXY軸回転をいじって動かすだけです。

使い方はとってもシンプルですね。
カメラ制御を使うだけあって、いろいろかけると落ちます。

応用

フリーの火の玉素材です。
http://icooon-mono.com/

グラデーションをかけ、立体化させました。
ここで一工夫。
表面はそのままに、側面の色を変えたい。

UndoFishさんの文字輪郭追跡スクリプトをかけ、輪郭のみにしたものに立体化(R)をかけました。

本体と側面を重ねると上手い具合に側面だけ色を変えることができました。

rikkyさんの紹介動画でも書いてありましたが、完璧な立体化ではありません。ちょっと筋が見えたりしますが、カメラの角度などである程度調整できます。

使用例

テキストにかけるのは鉄板ですね。

ロゴを立体化して回転させたもの。

いかがだったでしょうか。
平面オブジェクトを立体化できるなんて、もはやAviUtlがなんだかわからなくなってきました。
立体化(R)、機会があれば是非試してみてください。

[Aviutl]立体化(R)スクリプト