オブジェクトを円状に並べる、円形配置の使い方

2019年1月20日

今回は、円形配置について紹介します。
地味ながらとても便利です。

中心をずらす

円形配置の紹介の前にひとつ。
円形に配置したり、円軌道で移動したりする簡単な方法は中心をずらすことです。

オブジェクトを拡張描画にして中心Yを移動させます。
その後、Z軸回転を移動させると円軌道でくるくる回ります。

中心Yの値をプラス値にすれば内回り、マイナス値にすれば外回りになります。

中心Yをずらして円の周りをくるくる。
ひとつのオブジェクトを動かしたりするなら、中心をずらすことで十分な場合があります。

テキストに円形配置

テキストオブジェクトに円形配置をかけました。
文字毎に個別オブジェクトにチェックを入れておきます。

テキストに円形配置をかけると、個別に文字を円形に並べてくれます。
半径を大きくすると広がっていき、円周を移動させることで字間をひろげたり縮めたりすることができます。

パラメータ設定を見ていきます。
向き反転にチェックを入れると、外向きになります。
また、回転なしにチェックを入れると文字が中心を向かなくなります。

カメラ制御と円形配置

ずらしを大きくして回転させると、オブジェクトがくるくる回りながら移動します。

こんなかんじです。

水平配置(カメラ制御)にチェックを入れると、円の上を文字が立ってる感じに配置されます。

使用例

上下のテキストに円形配置をかけました。
丸みのあるレイアウトには最適です。

円に円形配置をかけたもの。

数は6、白い円は半径とサイズを移動させました。
赤い円は回転を30ほど加えました。

オブジェクトに円形配置をかけ、水平配置(カメラ制御)にチェックを入れたもの。
個数を1にしてそれぞれ72度ずつずらして五角形に配置しました。

このように別々の画像やオブジェクトを使う場合は、個数を1に設定してそれぞれ別オブジェクトにします。

シーンでこのような動きのものを作りました。

シーンオブジェクトに円形配置をかけ、2fずつオブジェクトをずらしてタイミングを調整しました。

いかがだったでしょうか。
円形配置、是非試してみてください。

スポンサーリンク