AviUtl、ディザリンググラデーションと粒状化

2020年8月30日

今回は、rikkyさんのディザリンググラデーションとティムさんの粒状化について紹介したいと思います。

[Aviutl]ディザリンググラデーション スクリプト [Aviutl]レンズディストーション スクリプト
【AviUtl】 色調調整セットver6

図形にdithering

四角形にditheringをかけました。使い方の要領はグラデーションと同じなので、わかりやすいと思います。

角度と幅、中心XYで調節します。

グラデーションの形状

パラメータ設定にあるグラデ形状を見ていきます。デフォルトの値は0で形状は線です。

続いてグラデ形状を1にすると、円状になります。

最後のグラデ形状2は凸型になります。

シード値による変化

ditheringによるザラザラっとしたグラデーションは、レイヤーを移動させるとランダムに変化します。シード値をマイナスにとると値が固定され、レイヤー間を移動させても変化しなくなります。

シード値を”t1″のように設定すると、1秒毎に変化し、”f10″のようにすると10フレーム毎に変化するようになります。ダブルクォーテーションで囲むのをお忘れなく。

アンカーで動かせる

アンカー使用にチェックを入れると、アンカー操作でグラデーションを調節することができます。座標のリンクと合わせると、別レイヤーに置いたオブジェクトをアンカーとして扱うこともできます。

知っておきたいAviUtlのスクリプト制御、座標のリンク
今回は、スクリプト制御を使ってオブジェクトの座標をリンクさせてみたいと思います。参考動画AviUtlのスクリプト制御を使いましまし Lv.0 スクリプト制御をか…
seguimiii.com

使用例

ラスターをかけた背景にdithering+画像ループ。

図形やテキストにdithering。

ティムさんの粒状化

ティムさんの色調調整セットv6にも同じような効果があります。粒状化というスクリプトです。このような素材に粒状化をかけます。

【AviUtl】 色調調整セットver6

こんな感じ。特定の形状ではなく、ブラーやぼかしの部分など明暗に反応する感じで、これまた一味違った加工ができると思います。

いかがだったでしょうか。
グラフィックの加工などグラデーションの新しいパターンとして活躍してくれると思います。

rikkyさんのdithering、ティムさんの粒状化、どちらも機会があれば是非試してみてください。