ご質問時のお願い

いつもFLAPPERをご利用いただき、ありがとうございます。
今回は、ご質問時のお願いとしてみなさんと情報を共有したいと思います。

動画編集の記事にて、スクリプトが導入できない、応用や使用例のgifはどうやっているの、などご質問いただくことがあります。

その際に、いくつかお約束事として質問される方に覚えておいて欲しいことがあります。

質問のなげっぱなしはNG

最重要項目です。

質問をし、返答を得ておきながら以降「解決しました」も「できませんでした」もなく消えてしまう方がいます。

こちらも、質問者さんと同じ状況を再現してみたり、どういう状況ならそうなり得るか考えたり、さまざまなリソースを割いています。
返答を得たのなら、それに対する返信をお願いします。

・返答が来る前に自己解決できた
・返答通りに解決できた
・返答では解決しなかったが、別の方法で解決できた
・返答では解決できなかった

残念ですが、そういった返信のない方へは、以降質問をされてもスルーします。

質問はできるだけ具体的にお願いします

重要項目です。

「〇〇ができません、どうしてでしょうか」のような質問を頂くことがあります。

ご質問時は、何をどうしたらそうなったのか、もしくはそうならなかったのかをできるだけ具体的にしていただけると効果的な返答ができます。

画像にかけたのか、テキストにかけたのか、直接かけたのか、メディアオブジェクトでかけたのか、単体でかけたのか、複数のアニメーション効果のあとにかけたのか・・・

そこへ至る過程を教えていただけると再現が容易になるので、ご協力お願いします。

相手がいることをお忘れなく

「○○はどうやっているんですか?ご教授願います」

この言葉だけから伝わるのは、「どうしてもテクニックを身に付けたくて試したけどわからなかった、どうやっているんですか?」ではありませんよね。
「この演出いいじゃん、どうやってんの?」です。

質問をするときは、一度ご自身で試行錯誤してみてください。
その方が、自分がどこでつまずいているのか、返ってきた返答がどういう意味なのかより理解できると思います。

私も動画編集をしますし、いくつも質問を受けたりしているので、「試してみたんだな」と「AviUtl開いてもいなさそうだな」の違いはなんとなくわかります。
どちらの質問に対して親身に答えるかは言わずもがなですよね。


「○○ができないんだけど」→そうですか、お気の毒です。

わかります、お気持ちはわかります。足りない言葉を補えば、「○○ができないので、教えて欲しい」ということだと思います。
ところで、ご自身がその質問を受け取って明確な答えを返せるでしょうか。
送信ボタンを押す前に、今一度コメントを見返してみてください。

以上、ご質問時にみなさんと共有したいお約束でした。
これからもFLAPPERを宜しくお願い致します。

管理人: seguimi