【WordPress】yStandardカスタマイズ、子テーマの使い方

2020年1月17日

今回は、WordPressの子テーマを使ったカスタマイズについて紹介したいと思います。
使用するテーマはyStandard v4です。

子テーマとは

まず最初に、子テーマはテーマファイルをいじってサイトを自分好みにカスタマイズするために使用します。元々のテーマを親テーマといい、カスタマイズするためのものを子テーマといいます。

親テーマはさまざまな調整をするたびに更新されていき、ファイルはそのたびに上書きされていきます。もし、親テーマをいじってカスタマイズをしていると、更新のたびにカスタマイズされた部分が消えてしまいます。

そのようなことがないように、カスタマイズ専用として子テーマを使います。親テーマが更新されても子テーマが消えることはないので、安心してカスタマイズができます。

子テーマのインストール

yStandardの子テーマを公式サイトからダウンロードします。zip形式で圧縮されていますが、解凍はしません。

yStandardテーマ本体・子テーマのダウンロードページです。 yStandard 本体 yStandardをダウンロード 動作に必要な環境 WordPres
wp-ystandard.com

テーマの新規追加からテーマのアップロードへと進み、先ほどダウンロードしたファイルを選択しインストールします。

インストール後、yStandardの子テーマの方を有効にします。子テーマを有効にしますが、親テーマも必要なので削除したりせずそのまま置いておいてください。

これで子テーマのインストールが終わりました。

FTPソフトのインストール

子テーマを使ったカスタマイズでは、必要なファイルをダウンロードしたりアップロードしたりします。そのために便利なのがFTPソフトです。

ここではFileZillaというソフトを使いながら説明します。FileZillaのインストールや設定については、サルワカさんのページが詳しく説明してくださっているので、そちらを参考にしてみてください。私もサルワカさんのページを参考にしながら導入しました。

「FTPソフトとは何?」というところから「WordPressでFTPソフトを使うメリット」「FileZillaの使い方」まで詳しく解説します。初心者の方向け。
saruwakakun.com

子テーマでのカスタマイズ

[外観]→テーマエディターからテーマの編集が行えます。[編集するテーマを選択]の欄がystandard-childになっていればOKです。

テーマファイルを見てみると、現状ではstyle.cssとfunctions.phpとREADME.mdしかありませんね。

編集するテーマをyStandardにしてみます。するとさまざまなテーマファイルが表示されます。これらのファイルを子テーマにコピーしてカスタマイズすることになります。

テーマヘッダーをカスタマイズしてみる

それでは、試しにテーマヘッダー(header.php)を子テーマにコピーしてみましょう。ファイルのダウンロード、アップロードにはFileZillaを使用します。

まず、自分のサイト[seguimiii.com]→[public_html]→[wp-content]→[theme]→ystandardを選択します。そうすると、下の窓にファイルがずらっと並んで表示されているのが分かると思います。

その中からお目当てのheader.phpファイルを見つけましょう。ファイルをドラッグしてデスクトップなどの場所へドロップするとheader.phpファイルがダウンロードされます。

さて、本来はここでheader.phpファイルを開いてカスタマイズするのですが、今回は何もせずにこのheader.phpを子テーマにアップロードしていきます。

ystandard-childを選択すると、子テーマフォルダ内のファイルが表示されます。この窓にダウンロードしたheader.phpをドラッグ&ドロップします。これでファイルがアップロードされます。

では、WordPressの自分のサイトに戻って確認してみましょう。

子テーマを選択。テーマファイルの欄にテーマヘッダーが追加されていれば正常にアップロードできています。一度子テーマにファイルをアップロードしてしまえば、この画面からカスタマイズすることもできます。

このように、親テーマから必要なファイルを子テーマにコピーしてカスタマイズしていきます。

子テーマ使用時の注意点

子テーマを使用しているときの注意点がいくつかあります。

ファイルを探す

最初にして最大の難関が、自分がいじりたい箇所が記述されているファイルがどこの何というファイルなのかということ。こんなカスタマイズしたい!というのはあるけど、それがどのファイルで行えばいいのかを見つけるのが大変です。

階層を維持する

親テーマから子テーマへファイルをコピーする際に気をつけたいのが、フォルダ構成の維持です。

例えば、blog-card.phpファイルはtemplate-partsフォルダの中のpartsフォルダの中にあります。子テーマにコピーする際はこのフォルダの構成を維持したままコピーしなければなりません。

なので、必要ならば自分でtemplate-partsフォルダとpartsフォルダを作成してその中にblog-card.phpを入れて子テーマにアップロードするというようなかたちになります。

いじれないファイルがある

yStandardでは子テーマを使ってカスタマイズされることを前提に作っています 子テーマを使ったカスタマイズでは同階層に同じ名前のファイルを作成することで親テ
wp-ystandard.com

公式サイトには、子テーマで上書きできる範囲が決められていると書いてあります。上書きできないファイルについては、親テーマの方でカスタマイズするしかありません。つまり、更新があるたびに書きなおす必要があります。

めったにないとは思いますが参考までに。

いかがだったでしょうか。
yStandardでの子テーマを使ったカスタマイズ方法、是非参考にしてみてください。