【WordPress】yStandardカスタマイズ、アドセンスなどの広告を貼る

2020年1月17日

今回は、サイトにアドセンスやamazonアフィリエイトなどの広告を貼る方法を紹介したいと思います。
テーマはyStandardです。

※yStandardはv3からv4へアップグレードがありました。この記事はv3をお使いの方向けになっています。

ウィジェットから貼る

人気がある設置場所のひとつ、サイドバーの最上段に広告を貼る場合。

ウィジェットから、サイドバーに[ys]yStandardカスタムHTMLを使って表示させます。
タイトル欄は空欄にしました。
内容に広告のコードを貼るだけで完了です。とっても簡単。

[ys]yStandardカスタムHTMLには、詳細設定からPCとモバイルで表示を分ける機能が付いています。

この機能を使えば、PCだけで表示する広告とモバイル端末だけで表示する広告を分けることができます。HTMLやCSSについて詳しく知らない人でも簡単に設定できますね。

ウィジェットでは、サイドバーの他に記事上や記事下、フッターなどについても同様に広告を貼ることができます。

カスタマイズの広告設定から貼る

カスタマイズの広告設定からも広告を貼ることができます。
それぞれの設定を見ていきたいと思います。

広告共通設定では、広告の上に表示するラベルの文字を設定できます。
空欄にすると非表示になります。

PC広告設定

PC広告設定で貼った広告は、PCの場合にのみ表示され、モバイル端末では表示されません。

広告を表示させたい場所に、広告用のコードを貼るだけです。HTMLとCSSで装飾や余白の設定をすることもできます。

ダブルレクタングル

人気のある記事下ダブルレクタングルの広告は、記事本文下(左)と記事本文下(右)にそれぞれ広告コードを貼るだけで中央にすっきり配置されます。

ひとつ注意する点として、ダブルレクタングルにするつもりでレスポンシブの広告を貼ると左右でサイズがまちまちになることがあります。常にきれいに表示させるためにも、レクタングル大の336×280に固定することも考えておきましょう。

記事本文下の左右どちらか一方だけに広告コードを貼った場合、中央に配置されます。
この場合、レスポンシブの広告を貼ると画面サイズに合わせて最適なサイズの広告が表示されるようになります。

モバイル広告設定

モバイル広告設定で貼った広告は、PCでは非表示になり、モバイル端末でのみ表示されます。
PCではダブルレクタングル、モバイルではレクタングルのように分けて設定することができます。

インフィード広告設定

インフィード広告設定にもPC用とモバイル用があります。
広告を表示する間隔と最大数で、何記事毎に広告を表示させるか、1ページに何個表示させるか決めることができます。

特定の記事だけ広告を非表示にする

カスタマイズの広告設定で表示させた広告は、基本すべての投稿ページで表示されます。しかし、中には広告を表示させたくないページもありますよね。そんなときは、投稿ページの下部にある投稿オプションから、広告を非表示にするにチェックを入れるとその記事には広告が表示されなくなります。

【WordPress】yStandardカスタマイズ、SNSボタンの下に関連コンテンツを配置する
今回は、関連コンテンツをSNSボタンの下に配置するカスタマイズ例を紹介したいと思います。使用テーマはyStandardです。 ※yStandardはv3からv4…
seguimiii.com

いかがだったでしょうか。
yStandardは広告に関する設定が細かくカスタマイズできます。ダブルレクタングルも難しい設定なく表示させることができます。個人的には”最初の見出しの上”なんかも需要がありそうな気がしますね。
機会があれば是非参考にしてみてください。