【WordPress】すっきりしたデザインのテーマ、yStandard

2019年8月14日

今回は、現在FLAPPERで使っているテーマ、yStandardについて紹介したいと思います。

yStandard

プレーンなテーマ

yStandardは、無駄な装飾を控え、余白をたっぷりとって白と黒ですっきりまとめられたテーマです。まさに自分の好みと一致したデザイン。

動画編集を紹介する内容から画像を多く使うので、テーマ自体がすっきりしていて記事の内容に集中できるのもポイントです。

レスポンシブデザイン

yStandardはレスポンシブデザインのテーマです。
レスポンシブとは、PCやモバイル端末など見る側の環境に合わせてサイトレイアウトが自動で変わるデザインです。

PCで見たときのサイトレイアウト。
サムネが左側でその右側に記事タイトルと内容の抜粋があります。サイト右側にはサイドバーも表示されていますね。

こちらはタブレット端末で見たときのレイアウト。
タイトル下のメニューや右側のサイドバーが消え、代わりに右上にハンバーガーメニューが表示されています。

スマホで見たときのレイアウト。
記事タイトルや抜粋文がサムネの下に移動していますね。

PCのブラウザで見ている方は、ウィンドウの横幅を狭めたり広げたりしてみてください。ウィンドウサイズに合わせてレイアウトが変わるのが分かると思います。

レスポンシブデザインのテーマは各端末に合わせて設定をする必要がなく、ひとつの設定で済みます。
最近はレスポンシブデザインのテーマが主流だとは思いますが、これもテーマを選ぶ際には外せない要素でした。

自由なカスタマイズ

カスタマイズありきの一風変わったWordPressテーマ「yStandard」

私はプレーンな感じが好きなのであまり作り込んでいないのですが、プレーンだからこそ自分好みにカスタマイズできる余地がたくさんあります。

例えば投稿ページのレイアウトは、ワンクリックでワンカラムに変更できます。
カテゴリー表示や著作者情報、記事下の関連記事の表示もチェックを入れたり外したりするだけで難しい作業は必要ありません。

SNSボタンもチェックひとつで表示/非表示を切り替えられます。
より好みのものがあるならプラグインを入れて補完していく感じです。

SEOの項目では、自分でhtmlをいじらなくてもGoogle Analyticsの設定ができます。

こうした部分は、htmlやcssのことをよく知らない初心者にとってはありがたいですね。

広告設定はPCとモバイル端末が別になっているので、PCだけやモバイルだけの表示設定が簡単に行えます。

ウィジェットも豊富で、人気記事ランキングはプラグインを入れずとも表示できます。設置エリアはサイドバーや記事上、記事下、フッターと細かく設定できます。

コミュニティ

ユーザーコミュニティとしてslackを使った交流があり、テーマに関する有益な情報が得られます。

いかがだったでしょうか。
私はFLAPPERが初めてのWordPressで、テーマもyStandard以外いじったことがないのですが、それでもなんとかカスタマイズをやっていけています。

余計なプラグインを入れずとも様々な設定ができるところなんかは、まさに自分にぴったりって感じでした。

機会があれば是非、yStandardのテーマを導入してみてください。

yStandard