【WordPress】yStandardカスタマイズ、トップページを作る

2019年12月8日

今回は、ブログのトップページを作って表示させるカスタマイズを紹介したいと思います。
テーマはyStandard、バージョンはv4です。

固定ページでトップページを作成

まずはトップページを作りましょう。
固定ページから新規追加します。

サンプルとして作ってみました。

ページの設定

トップページが一通り出来上がったら、いくつかの設定をしていきます。

パーマリンクからURLスラッグを設定。ページタイトルが日本語でも、URLスラッグは半角英数字で設定しましょう。

ページ属性からテンプレートの種類を選択します。

投稿ヘッダーなし1カラム(ワイド)、または投稿ヘッダーなし1カラムを選びます。ヘッダーなしを選ぶことで、ページタイトルが表示されなくなります。

yStandard投稿オプションの投稿・固定ページオプションから、各項目の表示/非表示が設定できます。トップページですから、目次や投稿日時、著者情報など不要なものは非表示にしましょう。

各設定ができたら公開します。

公開後の設定

デフォルトでは、投稿した記事のアーカイブがトップページになっていると思います。

カスタマイズから、ホームページ設定へ。
ホームページの表示を固定ページにし、ホームページに先ほど作ったページを選択します。公開を押せばトップページの完成です。

アーカイブページの作成

トップページができた後、アーカイブとして従来の投稿ページを表示させたいといったこともあると思います。アーカイブページも固定ページから新規作成します。

タイトルだけ書いて内容は不要です。

パーマリンクからURLスラッグをarchiveに。ここは任意の名称でかまいません。

設定が終わったら公開します。

アーカイブページの設定

先程と同じように、カスタマイズのホームページ設定から、投稿ページにアーカイブを設定し公開します。

このアーカイブページは、https://****.com/archiveのように表示されます。URLスラッグでarchive以外にした場合は、この部分を置き換えてください。

アーカイブやview allのリンクをアーカイブページのurlにするといいと思います。

いかがだったでしょうか。
トップページは訪問者がよく見るページのひとつです。ページ全体をわかりやすく説明したデザインにしたり、人目を引くデザインにするといいですね。

yStandard v4でのトップページの作り方、是非参考にしてみてください。