Photopeaの使い方、選択範囲

今回は、フリーのオンラインエディタPhotopeaの選択範囲について紹介したいと思います。

これだけは覚えておきたい全て選択と解除

まず最初に覚えておきたいのが[全て選択]です。
Ctrl+A

これで画面の全体を選択範囲にします。選択範囲は点線で表示されます。

選択を解除する場合は、
Ctrl+D

選択が解除されると点線も消えます。

選択範囲の追加と削除

こちらは矩形選択で作った四角形の選択範囲。

Shiftを押しながら選択範囲を指定
元となる四角形の選択範囲に追加して新たな選択範囲を指定します。

Altを押しながら選択範囲を指定
選択範囲から新たな選択範囲を削除します。

投げ縄ツールや自動選択ツールなど、他の選択範囲を指定するツールを使っても同じようにShiftとAltで選択範囲の追加と削除ができます。

ピクセルを選択

レイヤーにあるオブジェクトのサムネイルをCtrl+左クリックするとピクセルを選択します。

切り抜きを一発で選択してマスクにしたり、塗りに活用したりできますね。

選択範囲の反転

Shift+Ctrl+I
選択範囲を反転させることができます。

選択範囲の編集

[選択]→[編集]から選択範囲を編集します。

[拡げる]では、選択範囲を指定したpx分だけ拡張します。

[コントラクト]は選択範囲を指定したpx分だけ縮小します。

[フェザー]は選択範囲を指定したpx分だけぼかします。切り抜きをした後に選択範囲をぼかすときに役立ちますね。

いかがだったでしょうか。
Photopeaでの選択範囲についての紹介でした。