Photopeaの使い方、パス(基本編)

2020年8月29日

今回は、Photopeaでのパスの使い方を紹介したいと思います。基本的にパスの扱いはどのソフトでも似たような操作になっているので、覚えておくと役に立つのではないでしょうか。

Photopea

パスでシェイプを作成する

まず、パスを打つためにペンツールを使用します。②の形状、③のフィル、ストロークの設定を確認しておきます。

パス挫折あるある。いきなりパスを打って何やら伸ばしてみたり、訳の分からない形のオブジェクトを作り出した経験は一度や二度ではありません。そのたびにしばらくパスから遠ざかっていました。

パスを打って思うような形にできないことが、パスの扱いを難しくしていると思います。まずは簡単なシェイプを作りながら操作を覚えれば、なるほど!となるはずです。

パスはクリックで打つ

パスの基本は直線です。ペンツールでぽちっとワンクリック。これでパスを打つことができます。ドラッグしてハンドルを伸ばしたりする必要はありません。

四隅にパスを打って四角形のシェイプを作りましょう。四つ目のパスを打ち、最初に打ったパスをクリックするとパスを閉じます。

履歴にはClose Pathと表示されるので、閉じ忘れの確認にもいいですね。

パスの追加

ペンツールでパスを追加したい場所をクリックすると、新たにパスを追加することができます。

パスの削除

反対に、余計なパスを削除したい場合は、ペンツールの下にあるアイコンからパス選択ツールを選択します。削除したいパスをクリックして選択し、Back Spaceキーで削除できます。

選択されたパスは円で表示され、それ以外のパスは四角形で表示されます。

パスの移動

部分的なパスの移動には、パス選択ツールを使って移動させます。パスは複数選択することもでき、選択した部分の距離は保ったままそれ以外の部分で伸縮します。

別の方法として、ペンツールを使いCtrlを押しながらパスを移動させることもできます。パスを打ちながらのちょっとした修正にはこちらの方がよく使うかもしれませんね。

パスを打って作ったオブジェクトを移動させる場合は、パス選択ツールでオブジェクトのパスを全て選択して移動させるか、パスコンポーネント選択ツールまたは移動ツールを使っても移動できます。

パスの基本操作まとめ

・パスの基本は直線、クリックでパスを打つ
・パスの追加と削除を覚える
・パスの移動とオブジェクトの移動を覚える

いかがだったでしょうか。
パスといえばどうしてもハンドル操作や曲線を作ったりしがちですが、基本的な操作を覚えることがパスを上手く扱う近道です。

次の記事では、ハンドルを操作して曲線などを作っていきたいと思います。

Photopeaの使い方、パス(応用編)
前回のパス(基本編)に続いて、応用編ではハンドルを操作して曲線を扱ってみたいと思います。Photopea 曲線を描く 前回に引き続き、ペンツールでパスを打ちます…
seguimiii.com